<>
ミニ博物館ココシカ information

 
        「子ども日曜教室」下半期のスケジュールこちら
                  9月10日(日)から受け付けます。

            
レンタサイクル受け付けはこちら 
           

          募集中「趣味の模型展」「飾り吊し・手まり展」左メニュー「展示予定」から
 
 
 

 9月 
鹿島神宮 御神幸の日程

     9月1日(金) 10:00 例祭  16:30 提灯まち  20:00 神幸祭
               ※月次祭はありません

     9月2日(土) 10:00 行宮祭 15:00 還幸祭

     9月16日(土)門前三の市  ト伝にぎわい広場

     9月17日(日)第13回ココシカつれづれ草「物忌様」 13:30〜15:30


   鹿島神宮の一年で最も重要な神事「例祭」が中心となります。鹿島においては、このお祭りを
  「御神幸(ごじんこう)」や「神幸祭(じんこうさい)」などと呼んでいます。
   主な流れは次の通りです。※写真は昨年以前のものです。

  鹿島神宮の拝殿です。例祭の始まりを待ちます。
  

  楼門の前には今夜神様がお泊まりになる「行宮(あんぐう)」が置かれます。
  

  多くの参列者の席が設けられています。
  

  神事を支える町方の代表「祭事区長」のみなさんです。
  

  神職の方々も参向の準備を整えます。
  

  午前10時
  いよいよ例祭となります。宮内庁からの御使、神社本庁献幣使が進みます。
  午年と子年にはこの使いは、天皇の勅使となります。
  

  町々には山車も曳かれ賑やかになっていきます。
  

  午後3時
  大町通りに山車が整列します。

  午後4時
  「提灯マチ」神事が始まります。各地区からの大提灯が神宮に向かいます。
  

  神宮に上がった提灯は次々と燃やされていきます。
  

  午後6時
  町内の山車が集合し、総踊りや山車ののの字廻しが披露されます。

  午後8時
  鹿島の大神様が御神輿(ごしんよ)に遷られて拝殿から出てらっしゃます。
  御神輿は大町通りを進み、行宮にお泊まりになります。
  「行き」に御神輿を担ぐのは平井地区の方々です。
  ※ここの場面の写真がココシカにはありませんので掲載しておりません。
  

 2日目
  午前10時
  「行宮祭」神事が斎行されます。
  

  行宮祭の巫女舞
  

  行宮祭のあとに鹿島踊りが披露されます。
  

  午後3時
  大神様が本殿へ戻る「還幸祭(かんこうさい)」が斎行されます。
  再び大町通りを進みますが、この「帰り」の御神輿の担ぎ手は小宮作地区の方々になります。
  これにてお祭りは終了します。
  
  
  

  

  午後6時30分
  年版引き継ぎが仲町通りで行われます。

  


9月22日
今日は1862南北戦争最大の激戦アンティータムの戦いで勝利したリンカーンが奴隷解放宣言(予告版)した日。この戦いに参加したロバート北軍大尉がその後、指揮官になったのが映画グローリーのモデル第54連隊。完全な黒人部隊としてはアメリカ陸軍最初の正式な部隊をつくる。


4月 鹿園の鎌足桜






軽野船・枯野船
常陸国風土記
香島・鹿島・鹿嶋
鎌足桜
レイライン











第1展示室 企画展

宮中野古墳群を造った人々

平成29年9月5日(火)〜平成29年10月15日(日)